私の創る通気断熱WB工法の家は、家が呼吸と衣替えをするシックハウス知らずのあったか健康住宅・そして、エコ住宅なんです!(木材、建材の調湿能力を最大に生かし、自然を生かす!)

家を建てるなら高気密・高断熱の家 … その考えをキッパリと否定します。

今まで推しすすめてきたこの「高気密・高断熱の家」が健康面で見直されています。
家族を守るはずの家で住む人が病気になる(シックハウス)、換気口にカビやダニが発生するなどの問題が実際に起こっています。この日本の家づくりの間違いを改善します。

これから家を建てようとお考えの方は、住む人が健康に暮らせる家。
健康住宅・エコ住宅の「通気断熱WB工法住宅」をお勧めします!

長い道のりの果てに手にした、国土交通大臣認定の住宅工法。
私が手がける通気断熱WB(ダブルブレス)工法は、床下と天井に設置した形状記憶式自動開閉装置により、室内の空気を常に循環させ空気清浄を行います。
壁は呼吸のできる「透湿壁」を使用。壁の中を通る空気は調整され、冬は室内暖房の熱を逃さないで暖かく、夏は空気を通し涼しい室内環境を実現します。

従来の住宅メーカーが推しすすめて来た高気密・高断熱住宅は、ご存知の通り断熱材を多く用いて合板・ビニール素材などで密閉する家の作り方です。
実際は汚れたままの空気と湿気がこもったままの状態になるので、換気扇を使う24時間換気により強制的に空気を吐き出す方法で対処しているのが実態。お部屋の空気が洗浄されず、住む人にとっても家にとっても不健康な構造なのです。

<<  WB工法住宅の詳しい説明サイトを見る >>
国土交通大臣認定(健康住宅工法)通気断熱WB工法 石川県内認定店 健康・エコを考える新築住宅
国土交通大臣認定(健康住宅工法)通気断熱WB工法 石川県内認定店 健康・エコを考える新築住宅
金沢市をはじめ、石川県内で新築・リフォームをご計画の方は、お気軽にご相談・お問い合わせください。
076-255-7217